大明企画

大明企画
ご挨拶,大明企画

弊社は創業以来、医療や産業資材、レジャーなどに関わる繊維製品の製造・販売を主体に順調に業績を重ねて参りました。営業品目に消防・防災用品を加え、難燃素材を基本とする新商品の開発に努力を続けてきた結果、アルミコーティングを施した防災頭巾や非常持出袋などの自社製品の開発に成功致しました。

現在、全国の学校や文具・スポーツ用品関連企業、消防・防災関係企業を中心に代理店を組織、販売を展開しております。

昭和58年の創設より、「社業の発展を通じて社会に貢献する」ことを心がけ、全社一層の精進を重ね、常に時代を意識し、ともに前進するよう努めて参ります。

今後とも皆様のご支援の程を、何卒お願い申し上げます。

代表取締役 野中道弘
代表取締役 野中道弘
会社概要,大明企画
 商 号  株式会社 大明企画
 代表者  代表取締役 野中道弘
 所在地  〒143-0023 東京都大田区山王2-42-4 >>MAP
 TEL:03-5746-0825 FAX:03-5746-0826
 資本金  30,000,000円
 設 立  昭和58年1月20日
 従業員数  17名
 主要取引銀行  みずほ銀行自由が丘支店
 三井住友銀行築地支店
 三菱東京UFJ銀行五反田駅前支店
 川崎信用金庫久が原支店
 加入団体  財団法人日本防炎協会
大明企画本社
事業概要,大明企画
事業概要,大明企画

弊社はこれまで難燃素材を使用した防災頭巾や非常持出袋などをベースに、様々な防災関連の製品を提供して参りました。今では縫製品のほか、工具箱、敷物(マット)などへと取扱商品のジャンルは拡大しております。

いずれの商品も、材料の管理から製造工程のチェック、商品化に至るまで細心の注意を払い、最善のクオリティを目指して作られています。

 防災関連  ・防災頭巾『セーフティクッション』 アルミタイプ 事業所番号 M-3408
 ・防災頭巾『セーフティクッション』 キルトタイプ 事業所番号 M-3408
 ・災害用毛布真空パッケージ  ・災害マット  ・敷物  ・災害用工具箱  ・非常持出袋 
 ・防災手袋  ・防災サンダル  ・非常食  ・その他、防災用品全般
 工場・オフィス  ・作業服  ・手袋  ・腕章  ・安全靴
 室内装飾  ・カーテン  ・カーペット  ・椅子カバー  ・天幕  ・旗  ・のぼり
 学童用品  ・通園通学用バッグ  ・スポーツバッグ  ・リュックサック  ・スイミングバッグ  ・シューズ袋
 ・トレーニングウェア  ・図書館バッグ  ・防犯ブザー
主要取引先,大明企画
 学校関連  ・全国保育用品販売業者及び関連業者 約200社
 ・全国学校用品販売業者及び関連業者 約500社
 防災関連  ・全国防災用品取扱業者 約50社
 公官庁  中央官庁、農林水産省、国土交通省ほか、(財)東京都公園協会(東京都の公園・霊園全般)、
 緑地事務所、東京都、東京都各局、都内23区役所
主要仕入先,大明企画
 ・帝国繊維(株)
 ・西川ローズ(株)
 ・船山(株)
 ・サンエムパッケージ(株)
 ・マルワ工業(株)
 ・アンドー(株) ほか約50社
会社沿革,大明企画
 昭和58年1月  (株)大明企画として、本社を大田区、営業所を中央区に同時開設。繊維製品や防炎製品の製造・販売を
 主体に開始。オリジナル防災ずきん『セーフティクッション(アルミタイプ)』を商品化。学校教材・文具・スポ
 ーツ用品・保育用品・防災機材関連企業を中心に代理店を組織、業績が急成長。
 昭和59年8月  オリジナル防災頭巾が(財)日本防炎協会から認定される。
 昭和60年5月  『セーフティクッション(キルトタイプ)』を発売。
 昭和61年8月  防災関連分野で新商品の開発に着手。災害用毛布の真空パッケージ、災害用マットを商品化。
 平成3年4月  協力工場群の充実を背景に、通園通学用バッグなどの学童用品分野に進出。
 平成4年10月  従来の座布団形式カバーに加え、椅子の背もたれを利用する『トップカバー』を商品化。
 平成12年4月  防災用品全般の企画・販売に着手。
 平成12年10月  資本金を3,000万円に増資。
 平成13年8月  代表取締役に野中道弘就任。
 初の園児、幼児向け防災頭巾『Sタイプ』『SLタイプ』(認定品)を製品化。
 袋物として新学期用品『通園通学お役立ちセット』を定番化。
 平成15年11月  (財)日本防炎協会より防炎製品の発展に努めたとして表彰を受ける。
 平成18年12月  現住所に本社社屋を建設。
 平成20年9月  背負い式非難具『らくらくおんぶ』開発、製造 実用新案、意匠登録済み。
 平成21年9月  0〜3歳迄を対象とした乳幼児用防災頭巾Qタイプ(認定品)を製造。
 平成22年11月  社団法人全国消防機器協会より功績を認められ表彰される。
 平成23年11月  現会長 野中令乃が消防庁長官より表彰を受ける。
 平成26年  代表取締役野中道弘 (財)日本防炎協会より防災事業において功績を認められ表彰される。

(C)2017 Daimei Kikaku Co.,LTD